矯正装置

一般的な歯列矯正に使用する装置(ブラケット)

赤歯の表面に取り付けた「ブラケット」と呼ばれる装置にワイヤーを通し、ワイヤーの力で歯列を動かしていくマルチブラケット法を主たる矯正治療法としています。

“歯を動かす”ということのみを考えると、強度や精度、耐久性の面から、ベストは金属製のブラケットです。しかし、できるだけ目立たないブラケットを希望される方もいらっしゃいます。当院では、それぞれの特性を説明した上で、患者さんに使用するブラケットを選んでいただきます。また、両方の特性を生かしたコンビネーションもおすすめです。外から目に触れやすい前歯のみ透明ブラケットを装着し、金属の装置は、強度を必要とされる犬歯から奥にかけてのみ使用する方法などです。

金属製ブラケット
矯正治療は約2年間という長い時間が必要な治療なので、特に、犬歯から奥歯にかけては丈夫で耐久性のある金属製のブラケットをおすすめしています。
82B182B582CE82Q
プラスチックブラケット
プラスチック製のブラケットは、目立ちにくいという利点があります。しかし、金属製のものと比べて柔らかく壊れやすいため、装着できる部位が限られます。
04

マウスピース矯正(インビザライン、アソアライナー)

アライナー
透明のプラスチック製のマウスピースを使用した矯正を行っています。「インビザライン」および「アソアライナー」という製品を使用しています。マウスピースは透明なので、装着していてもほとんど目立たず、取り外しができるという利点もあります。コンピューターで歯の移動をシミュレーションして、緻密な計画の元歯を動かしてゆく方法です。
pic_03

マイクロインプラント矯正に使用する装置(マイクロインプラント)

マイクロインプラントとは、直径1.5ミリ程度のごく細いネジのようなもので、顎の骨にとりつけ、歯並びを動かす固定源にします。効率的に歯に力を加えることができますので、歯並びを動かす期間を短くすることができます。
invisible_img09
顎の骨に5~6ミリ程度埋め込めば充分ですので、装着自体はごく短時間です。骨と癒着することもないので、矯正治療が終了すれば、簡単に除去することができます。

歯並びを移動させた後は、移動にかかった期間と同じくらいの期間、保定装置(リテーナーと呼びます)を装着して歯列を保定しなくてはいけません。新しい歯並びに歯の周辺の組織をなじませるためです。この期間の保定を怠ると、せっかく時間をかけて綺麗にした歯並びが元に戻ってしまうので、リテーナーは矯正装置と同じくらい大切なものとお考えください。保定観察期間内は、3か月に一度、装置の調整のためにご来院いただきます。

Copyright(c) 2015 U.S.D Dentalclinic All Rights Reserved.